【効果検証レビューあり】七田式英語教材「7+English」の口コミ・評判は?

こんにちはAkioです。

皆さんは「七田式」という単語を聞いたことはあるでしょうか?

七田式というのは英語の教材開発や学習塾を経営する七田氏が提唱する英語学習メソッドを指します。

今回は七田式の通信教育教材である7+Englishを実際に取り寄せてみて、そのレビューとWeb上の口コミから7+Englishが本当に優れた教材なのかについて解説していきたいと思います。

この記事で解決する疑問・悩み

  • 「7+Englishってよく見かけるけど、どんな教材?」
  • 「実際に効果はあるの?」
  • 「使ってみた人の口コミ・評判は?」
Akio

この記事はTOEIC985を持つ英語講師の私が実際に教材を取り寄せて解説していきます!

目次

7+Englishってどんな教材?

まずは七田式英語教材の7+Englishがどんな教材なのかについて、基本情報とその特徴を知っておきましょう。

基本情報

教材名7+English(セブンプラスイングリッシュ)
内容CD6枚+テキスト3冊
7+English完全記憶CD(6枚=6時間分)
7+English利用マニュアル(B5 27ページ)
7+Englishフレーズ集600(B5 124ページ)
7+Englishフレーズ完全解説(B5 60ページ)
習得できるスキル日常英会話
特典時期によってあり
価格19,800円(税込21,780円)
返金保証購入後60〜90日間全額返金保証(開封後でも返金可能)
支払方法クレジットカード・代金引換・銀行振り込み・後払い(コンビニ・郵便局など)
送料無料
クレジットカード・代引き手数料無料
サポート24時間メールサポート(3年間)・テキストCDの紛失・破損に無期限対応

7+Englishは日常英会話の習得を目指すための音声・テキスト教材です。

テキスト内の600のフレーズをCDの音声を聞きながら覚えていくという勉強の流れです。


時期によっては期間限定の特典がつくこともありますので、現在実施中のキャンペーンは7+English公式販売サイトをご覧ください。


返金保証が手厚いのが特徴的で、購入後90日以内なら開封後でも返金が可能になっています。

ここまで返金保証が手厚いのは、商品への自信の表れでしょう。


また、テキスト・CDを紛失、破損しても新品を送ってくれるのも安心です。


さらに、購入後3年間は英語に関することなら何でもメールでの質問に対応してもらえます。

7+Englishの内容以外に関する質問にも対応してもらえて、本当に「英語学習者をサポートしたい」という強い思いが感じられます。

特徴① 高速右脳リスニング

7+Englishの1つ目の特徴は高速右脳リスニングです。

CDには1.5倍と3倍の英語音声が収録されています。普通より高速で聴くことにより、脳にアルファー波が発生し右脳が活性化した状態で英会話学習をすることができます。また、高速音声を聴いた後に通常速度の英語を聴くことで、普通よりも遅く感じて聞き取りやすくなる「インターチェンジ効果」も発揮されます。

公式サイトより引用

要は通常よりも速い音声で学習することで効果を高めようというメソッドです。

特徴②厳選された日常英会話フレーズの暗記

2つ目の特徴は厳選された日常英会話フレーズの暗記です。

公式サイトには以下のように書かれています。

日常で頻繁に使われる短い英会話フレーズを、使う頻度の高い順に1日10個 × 60日パターン、合計600フレーズを覚えることが出来ます。ネイティブスピーカーが制作・監修した実践的な英会話フレーズが60日で無理なく覚えられるようになっているので、スムーズに日常英会話を身につけることができます。

公式サイトより引用

7+Englishのコアは日常英会話フレーズの暗記です。

内容は基礎的な英会話を習得するための厳選された60パターンをそれぞれ10個の英文を通して習得するプログラムです。

特徴400%学習法

3つ目の特徴は400%学習法です。

一言でいうと「効率のいいタイミングで復習する」学習法です。

400%学習法とは、エビングハウスの忘却曲線(人間が記憶を忘れていく時間経過を線形に表したもの)に基づいて開発された記憶法で、7+English独自に取り入れられた学習法です。

具体的には、英会話フレーズを最適なタイミングで自動的に複数回復習できるようにCDが作られているので、覚えてもすぐに忘れてしまう「短期記憶」から、一旦覚えたらなかなか忘れない「完全記憶」へと英会話フレーズが定着します。

また、「完全記憶」に定着した英会話フレーズは、好きな時にいつでも引き出せるので英語を話す時に「とっさのひと言」が口からポンポン出てくるようになります。

公式サイトより引用

学習の基本は繰り返しです。

繰り返し無しで定着することはありません。


公式サイトにも説明がある通り人間の記憶の忘却には一定の法則があります。

「7+English」では、特徴の②であげた日常英会話フレーズの学習をこの法則に沿って行います。

どんなに良い教材でも一度しか学習しなかったり、計画性なしにがむしゃらに取り組んだりするだけでは効果は期待できません。

この学習法則を上手く利用することで短期間で効率的なフレーズ暗記が可能になります。

【写真あり】実際に届いたセット内容

実際に7+Englishが自宅に届いたときの様子を写真つきで見てみましょう。

ダンボールの中に梱包材を挟んで1つにまとまったパッケージで届きます。

7+Englishの教材一覧

こちらが教材を一覧できるように並べたものです。

手前に見えるのがフレーズ集などテキスト系の教材で、奥側がCD教材です。

それぞれの教材を詳しく見ていきましょう。(CD教材は普通のCDなので割愛しています。)

まずは7+Englishの利用マニュアルです。

約30ページの冊子で7+Englishの各教材の具体的な使い方やその科学的な根拠が書いてあります。

フルカラーで図などを使って難しい話も簡潔に説明してくれています。

この冊子で指定されている学習方法で7+Englishを学習することで正しい成果が得られるというものです。

こういったマニュアル付きの教材は貴重ですから、特に英語学習の初心者の方はかならずこのマニュアルを熟読して学習することをオススメします。

こちらは7+Englishのメインテキストであるフレーズ集です。

左側に日本語、右側にその英語訳が載っています。

見開き1ページで10個の英文、合計600個のフレーズが学習できます。

左上にあるように文法項目別に10個ずつ覚えて行きます。

こちらは上で紹介した7+Englishの600のフレーズに対する解説本です。

中学レベルの英語に不安がある方はフレーズ暗記の際にこちらを使って動詞の意味や使い方を確認しましょう。


ここで大事なのは7+Englishのコアは「フレーズ暗記」ですが、意味もわからない英文を暗記するのではなく「意味がわかっている英文を暗記する」ということです。

英語学習理論でも大量のインプットが英語上達の絶対条件ですがその際には「意味のわかっている英語」を繰り返し学習する必要があります。

この解説本にすべての英文に対する解説が掲載されているのは、7+Englishの購入者がしっかりとフレーズの文法的意味や単語の意味を正しく理解することができるようにするためです。

ぜひ活用しましょう。

7+Englishのフレーズ暗記チェックシート

最後にこちらはフレーズ暗記のチェックシートです。

7+Englishは繰り返しの学習が前提ですから、その際にどのフレーズが覚えられていないのか(覚えられているのか)をチェックする際に使います。


英単語帳や何か暗記物をやったことがある方は共感していただけると思いますが、人にはそれぞれ覚えやすいフレーズ・覚えづらいフレーズがあります。

ですから600のフレーズをすべて同じ回数繰り返すよりも、途中からはこちらのチェックシートを使って覚えられていないフレーズを集中的に繰り返し学習することで効率的に学習することができます。

7+Englishは本当に効果ある?

さて、ここまで7+Englishの基本情報と特徴を見てきました。

しかし、多くの方は「本当に効果はあるの?」「宣伝文句は全部本当?」といったギモンがまだ残っていますよね。

ここでは、英語学習歴15年以上、TOEIC985を持っている私が実際に7+Englishを入手して内容を精査した上でその効果を検証していきます。

7+Englishは英会話の基礎づくりに最適

結論から言うと7+Englishは英会話の基礎づくりに大きな効果を発揮すると言えます。

7+Englishでは英会話で頻出の600のフレーズを暗記します。

この手法は20世紀中盤にアメリカで提唱されその後の英語学習者に大きな影響を与えた「パターン・プラクティス」という手法の派生形です。

この手法は比較的簡単かつ日常でよく使う典型表現の型を使いこなすことを学習の目的としています。

文型ごとに複数の単語を当てはめて口頭で文章を作成する訓練を繰り返すことで手持ちの単語を使って瞬間的に文章を生成していきます。

例えば「SVOO」の文型を習得する際に

「I gave him a bike.」

「He sends me some letters.」

というように同じ文型で主語の単語や動詞の時制を変えることで、様々な単語を使って同じ文型の文章が生成できるようにします。

こちらの手法は現在でも基礎英会話の訓練としては効果的かつ効率的であるとして多くの英語学習者や英会話スクールで取り入れられています。

こちらの教材で練習する文の形はどれも簡単で中学レベルです。

そして日常会話において、中学レベルの基礎文型を使いこなすことができれば会話は成立します

英会話ビギナーはこちらの教材をやり込むことで高い効果が期待できます。

一方で、日常英会話以外の英語力をつけたい場合、7+Englishは必ずしも効果的であるとは言えません。

例えば「英語をスラスラ読めるようになりたい」とか「英検、TOEICのための教材を探している」という方はもっと他の方法を取ったほうがいいでしょう。

宣伝文句は科学的に100%証明されたものばかりではない

7+Englishが気になって商品紹介を開いた方の中には「宣伝がうさんくさい」と感じた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらの宣伝文句についても、英語学習理論の観点から検証してみましょう。

検証①60日で英語が話せるようになる?

結論から言うと60日で英会話の基礎を身につけることは可能です。

600個のフレーズを覚えるには2ヶ月あれば十分ですし、実際に私も中学レベルのフレーズを1.5ヶ月ほどでマスターできました。


外国語を話す際には、言いたいことを文法知識と単語を使って文章を組み立てます。

しかし、文法の知識があるだけでは英会話はできません。

いちいち頭の中で英作文をしているようでは、時間がかかりすぎて会話にならないからです。

7+Englishのフレーズ暗記は、日常生活で使用するフレーズをまるごと覚えることで頭の中で文を構成するまもなく自然に口をついて出る状態を目指します。

これは瞬時に英文を繰り出すことが求められる英会話の基礎学習として非常に効果的だと言えます。


一方で、フレーズを覚えただけでは「英語を話せる」とは言えません。

実際に英会話の実践の場で、覚えたフレーズを積極的に使っていくことではじめて基礎的な英会話が成立します。

ですから、7+Englishをやったら日常英会話は完璧というわけではなく、あくまでその前段階のトレーニング教材であるということを覚えておきましょう。

検証②中学レベルのフレーズだけで日常英会話は成立する?

日常生活で使われる英会話は中学英語で十分成立します。

もちろん、日本語同様難しい単語や気の利いた表現などがあればよりネイティブに近いニュアンスを伝えることができるでしょう。

しかし、日常生活で最低限自分の意志を伝えたい、相手の意図を理解したいという場合には中学英語で十分です。


また学習の順番としては「英会話表現集」といった参考書に手を出すよりも、頻出かつ簡単な文型をフレーズ暗記で体得したほうが圧倒的に効率よく英会話をマスターすることができます


繰り返しになりますが、「7+Englishをやればネイティブのように英語がペラペラになる」わけではありません。

英会話上達の最初のステップに頻出&簡単なフレーズ暗記が有効で、さらに上を目指すならその先も学習は継続しなくてはいけないということは必ず覚えておきましょう。

検証③高速リスニングに効果はある?

音声を高速で聴くトレーニング自体は英語学習において珍しいことではありません。

脳科学のことはよくわかりませんが、英語学習の観点から言うとこの高速音声での学習は「処理能力の向上」が狙いであると言えます。

リスニングには「音声知覚」と「意味処理」の2つのステップがあります。

「音声知覚」は聞こえてきた音声をしっかりと聞き取る能力です。

例えば「Good morning.」と言われて「Good morningといったんだな」と聞き取ることができれば音声知覚は成功していると言えます。

「意味処理」は知覚できた音声の意味を正しく、迅速に理解する能力です。

例えば上の例でいうと「Good morning」と正しく聞き取れても、その単語の意味が分からなければ相手の意図を正しく理解することはできません。

同様にゆっくり言われれば理解できるが、スピードが速くなるとついていけなくなる場合も意味処理の能力に問題があることになります。

話を戻すと、「7+English」の特徴である高速リスニングは流れてくる英文を瞬時に聞き取り、その意味を即座に頭に浮かべる訓練です。

これは意味処理の能力を向上させるのにある程度効果的だと言えるでしょう。

ただ、意味処理は長い文章を聞き取る、読み取る時に効果的に鍛えられますが、7+Englishのフレーズはどれも短いものばかりで本当に高速音声の意味があるかについては疑問が残ります。

高速音声については「早くトレーニングが進められる」くらいのメリットだと割り切ってしまったほうがいいかもしれません。

教材の使い方が悪ければ効果は出ない

この章では、英語学習理論の観点から7+Englishの効果の信憑性について考えてみました。


章の終わりに1点大切なことを伝えさせてください。

それは「上達への近道は1つの教材をやり通すこと」だということです。

もっといい参考書を探そうと次から次へと新しい教材に手を出すのはご法度です。

人間は繰り返しの学習によってはじめて学んだことが実践できるようになります。

それは7+English含めすべての教材について言えることです。


7+Englishが他の教材と違う点は「教材のくわしい使い方が説明されている」という点です。

上で紹介した「400%学習法」は復習のタイミングを記憶の忘却曲線に沿って設計したもので、「繰り返し学習」が前提になっています。
この学習法にしたがって学習することで正しい学習効果が得られるはずです。


反対に一度だけこの教材を学習して「英語が話せるようにならなかった」「宣伝文句はウソだった」というのは当たり前です。

それは他の教材でも同じことです。

7+Englishの口コミ・評判まとめ

ここまでは7+Englishに対する筆者の私の分析をお伝えしました。

しかし、一人の意見だけを聞いて判断するのはキケンです。

Web上で比較的多く寄せられている口コミ・評判についてまとめましたのでご覧ください。

ポジティブなレビュー

7+Englishを使って「効果が出た!」「英語が好きになった!」といったポジティブなレビューを抜粋しました。

昔、海外での買い付けでうまく会話ができず、それ以来、怖気付いてしまったのです。

そこで大人向けの七田式の英語教材「7+English英語」をダメもとでインプットに励みました。少しづつ覚えるフレーズが増え、なんとなく自然にフレーズが出るようになってきました。

学習を初めて半年がたったころ、子供と一緒に歩いていたら、外国人にお店を尋ねられたことがありました。

なんてことでしょう、私に答えることができたのです!もちろん、ゆっくり英語で話しかけてくれたのですがね。その時「ママかっこいい」と言っていた子供の顔が忘れられません。笑

それから、ある資格を取るために2年ほどお休みしていましたが、最近、また聞き始めています。

驚いたのが、うちの子供達。小学生と幼稚園の子供からフレーズが出てくるようになったのです。

100万円のかの有名な教材より、こちらの方があっているのかもしれません。

引き続き、親子で頑張りたいと思います。

楽天市場より引用

今までいろんな教材や教室に通ったりしていましが、長続きせずあきらめていました、はじめてまだ1ヶ月もたっていませんが、日常で使うフレーズが自然と口から出てきて身についているようです。

引き続き頑張りたいと思います。

楽天市場より引用

英語が話せるようになりたい。そう決意して3年が経ち、聞き流す式の教材では限界を感じていた時にこの教材の宣伝が目に止まりました。良いことばかり書いてあり半信半疑でしたが値段がお手頃だったので申し込みをし、使い始めて4日めですが宣伝文句は本当でした!一つのフレーズが短くて同じパターンが複数続くので暗記が楽です。そして400%学習のせいか忘れません。今度こそネイティブと普通に会話したいという夢がかなうかもしれません。七田さん素敵な教材をありがとうございました。

楽天市場より引用

要点を抽出すると

  • 一文が短いから続けやすい
  • 英文が自然と口をついて出る
  • 同じパターンを練習するから覚えやすい

7+Englishを学習することで実際に効果が出た人の声は励みになりますよね。

一方で7+Englishの内容についてポジティブなレビューをしている人に共通しているのは「正しい使い方をしている人」です。

つまり、繰り返し・自分でフレーズが出せるように暗記するという方法です。

決して聞き流しだけで効果が出ると思わないことです。

ネガティブなレビュー

商品を買うときにはしっかりと負の側面を見ておくことが大事です。

どんな人が購入して後悔したのか、自分には当てはまりそうにないか?ということをしっかりチェックしましょう。

車での通勤時間が長いため毎日車内でCDを聴いていましたが、テキストを合わせて使っていないためかいまだに話したり聞き取ったりする事が出来ません。1年以上使っていますがまだまだかかりそうです。

楽天市場より引用

私の頭が悪すぎるのか、全然覚えられません。

車でも聞くようにしているのに・・・。

レビューが良かったので期待を込めて購入しましたが、もともと英語が苦手な人には不向きかもしれません。

早送りのとこ聞いても正直さっぱりです笑

楽天市場より引用

なんだか単調できかなくなってしまいました。

やる気の問題かしら。。。

楽天市場より引用

商品の内容について、ネガティブなレビューで共通していた点は以下の点です。

  • 聞いているだけでは身につかない
  • 継続できない
  • 高速音声が聞き取れない

こういったレビューは貴重ですよね。

実際に自分が購入した場合も、同じような状況に陥る可能性があるわけですから。

しかし、実はこれらのネガティブ面はどれも「教材の使い方」に問題があるケースです。

もう一度いうと7+Englishではその使い方が細かく指定されており「繰り返し・自分で発音しながら」学習するのが原則です。

聞いているだけで身につく教材はありませんし、継続できないのは教材のせいではなく学習者のやる気の問題で教材以前の問題です。

また、継続できない理由に「単調だから」という意見が散見されましたが、英語学習で本気で話せるようになりたいと思ったら単調・地道な学習は避けては通れません。

最後に「高速音声についていけない」に関しては、もし難しいなら通常の音声で学習することをオススメします。

高速音声自体の英語学習効果については私も懐疑的なので、あまりこだわらなくてもいいと思います。

7+Englishがおすすめの人・そうでない人

万人に100%最適な教材は存在しません。

大切なのは自分の学習の目標・レベルにあった教材であるかという点です。

最後にここまでの情報から「7+English」がおすすめできる人・そうでない人の特徴を見ていきます。

◎おすすめの人
△そうでない人
  • 英会話の基礎を学びたい人
  • 短期間で効果を出したい人
  • 勉強のやり方を詳しく知りたい人
  • 独学が苦手な人
  • 英検やTOEICなどの試験で成果を出したい人
  • リーディング能力を鍛えたい人
  • 中学レベル以上の表現を覚えたい人
  • ビジネス英会話など専門的な英会話ができるようになりたい人

ここまで読んで「英会話ができるようになりたい!」と思った方は熱が冷めないうちに下記リンクからのお申し込みをオススメします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

とにかく飽きっぽい24歳男性が英語学習を中心に生活のお役立ち情報を投稿していきます。現在TOEICスコア985。

コメント

コメントする

目次
閉じる