【両方の指導経験有り】現役講師が教える個別指導と集団指導のメリット・デメリット

学習塾に通いたいときにまず考えなくてはいけないのが個別指導か集団指導どちらを選ぶかということです。

この表を見てみてください。

指導人数授業料授業内容テスト対策
個別指導先生1人につき生徒1、2人割高
中学生:25,000〜100,000円
高校生:35,000〜80,000円
オーダーメイド学校に合わせてきっちり
集団指導先生1人が2〜30人程度同時に指導割安
中学生:15,000〜50,000円
高校生:30,000〜50,000円
画一的・クラス分け自分で対策

大まかに個別指導と集団指導の特徴をまとめたものです。
ここからは現役塾講師で個別指導・集団指導どちらの指導経験も持つ僕が経験とデータを踏まえてそれぞれの指導形態について解説していきます。

目次

学習塾の個別指導って何?

個別指導は、授業中先生が担当するのは多くても3人程度までです。
一番メジャーなのは先生が真ん中に座って両サイドに生徒が1人ずつ着席する形態です。

個別指導のメリット

個別指導は授業内容が自由自在

個別指導最大のメリットは授業内容を一人一人の学力、志望校、性格などに合わせてオーダーメイドで組み立てることができるという点にあります。

例えば、図形が苦手だけど計算が得意な生徒さんであれば、計算に割く時間を削って図形に多く時間を回すことができます。

また、学校授業の先取りを行ったり、適当なタイミングで復習を行ったりすることができます。

個別指導は自分に合った先生を選べる

多感な時期に塾に通う生徒さんにとって、勉強を教えてくれる先生の存在は非常に大きなものです。

塾での指導は人と人ですから当然相性というものがあります。

集団授業では塾を変えない限り、先生を変えることはできません。
個別指導塾では担当可能な講師が複数いる場合、男女の指定や先生のタイプを見て生徒さんに合った先生と学習を進めることができます。

例えば、女性の生徒さんで指導時の緊張を感じないように、同性の先生を指名したり軽い学習障害を持った生徒さんの場合、過去に同様の生徒を担当した経験のある先生が担当したりということが考えられます。

また、生徒さんが「この先生は自分には合わないな」と思えば担当の変更を願い出ることも可能です。(先生に空きがない場合は不可です。)

Kai

実際に僕が過去に勤務していた塾でも担当変更はしばしば起きていました。

個別指導はテスト対策がしやすい

個別指導では、前述の通り生徒さんに合わせて授業計画を作成します。
通っている学校のテスト期間に合わせてしっかり対策してくれるので、安心です。

テスト1ヶ月前からテスト範囲に合わせて各科目の対策をはじめ、テスト形式の演習などにも取り組むことができます。

定期テストに合わせて対策をして点数を上げたい場合は非常に心強いでしょう。

個別指導は雰囲気がやわらかい

個別指導の学習中の雰囲気は担当する先生によりますが、集団指導に比べるとやわらかいです。

これはメリットでもデメリットでもなく、人数が少ないからこその特徴と言えるでしょう。

わからないところを気軽に質問しやすいという捉え方もできますが、受験やテストに向けて緊張感が生まれにくいとも言えます。

個別指導のデメリット

個別指導は授業料が割高

集団指導に比べると、どうしても先生を独占する形になるので授業料は割高です。

中学生であれば週一回の授業で学校内容の補習をメインに行う補習塾では25,000円から、上位校を目指す進学塾では100,000円以上になることも。

高校生であれば週一回の授業で35,000〜80,000円と値段も底上げされます。

学習塾の集団指導って何?

集団指導は基本的に学校の授業スタイルと同じです。
先生が黒板やホワイトボードを使って、生徒に対して授業を行います
小さな校舎では教室の生徒は10人以下だったり、大きな校舎では30人、予備校になると100人を超えることもあります。

集団指導のメリット

集団指導は授業料が割安

集団指導は個別指導に比べて授業料は割安です。

中学生では指導レベルや形式によって15,000〜50,000円前後の料金設定が多いです。
高校生では30,000〜50,000円と指導内容の難化にあたり料金が高くなります。

集団指導は緊張感がある

集団指導教室では大勢の同級生の中で勉強するため、常に緊張感があります。

切磋琢磨して成績を上げていく、志望校に合格するという意思を持った生徒さんにはピッタリと言えるでしょう。

一方で、自分のペースで勉強したい、常に先生に質問できる環境が良いという生徒さんにとっては少し馴染みづらい環境かもしれません。

集団指導のデメリット

集団指導は指導内容が決まっている

集団指導は学校と同じ形式で授業が行われるため、指導は先生から生徒への画一的な授業になります。

生徒が多くいるので、一人一人に合わせたきめ細かい指導にはあまり向いていません。

一方で、学校の先取りで進めてくれるので、学習のペースメーカーとなってくれるという点では、勉強への意識が高まるのでメリットと言えるでしょう。

また、クラス分けがある塾では学力や志望校によって上位、中堅、下位クラスに分けられてそれぞれのレベルに合った指導を受けることができます。

まずは体験授業を受けてみよう!

ここまで学習塾の個別指導・集団指導のメリット・デメリットについて見てきました。

最も重要なことは「生徒さんに合った指導形態を選ぶ」ことです。

しかし、Webで塾の情報を見ても実際にどちらが合っているのかはなかなかわからないものです。

実際に授業を受けてみて自分に合うものを選ぶという方法がもっとも確実です。

「イーリズム塾さがし」は複数の塾に一括して、体験授業ができるサイトです。
お住まいの地域を入力して、お近くの学習塾で無料の体験授業を受講してみましょう。

学習相談受付中!

英語学習(英会話含む)の計画を立てます TOEIC985コーチが、「あなた専用」の学習プランを立案
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役の英語コーチ・講師が英語学習に関するお役立ち情報を発信中!
TOEIC985・英検1級保有

コメント

コメントする

目次
閉じる