【英語リスニング】音声変化を聞き取る!

目次

連結

「連結」は英単語の最後の音と、次の英単語の最初の音とが連結することで起きる音声変化です。

次の2つに分類されます。

1.子音で終わる語+母音で始まる語  _____子音 + 母音_____ 

2.母音で終わる語+母音で始まる語  _____母音 + 母音_____

1つ目は子音で終わる語のあとに、母音で始まる語が来た際の連結です。

このとき、子音と母音がつながった音声が聞こえます。

例えば、「an interesting」を発音する際、それぞれの英単語は「アン」「インタレスティング」となりますが、実際には連結されて「アニンタレスティング」と聞こえます。

これは「an」の末尾の”n”と「interesting」の始めの”i”という音が連結して”ni”つまり「ニ」という音に変わったためです。

2つ目は、母音で終わる語のあとに、母音で始まる語が来た際の連結です。

このとき、2語の間に「r」の音があるように聞こえます。

例えば、「throw it」は単語で区切ると「スロウ イット」と読めますが、実際には「スロウリット」のように聞こえるのです。

同化

「同化」は前の単語の末尾の子音が後ろの子音に影響されて変化する音声変化です。

代表的な例をいくつかあげます。

[t] + [j]➔[tʃ]
例:「next year」:「ネクスト イヤー」が「ネクスチャー」に聞こえる。

[d] + [j][dʒ]
例:「could you」:「クドゥ ユー」が「クジュ−」に聞こえる。

[s] + [j][ʃ]
例:「makes you」:「メイクス ユー」が「メイクシュー」に聞こえる。

[z] + [j][ʒ]
例:「because you」:「ビコウズ ユー」が「ビコウジュー」に聞こえる。

[s] + [ʃ][ʃ]
例:「nice shot」:「ナイス ショット」が「ナイショット」に聞こえる。

[z] + [ʃ][ʒ]
例:「his shoes」:「ヒズ シューズ」が「ヒジューズ」に聞こえる。

英単語の末尾・語頭はっきりとが聞き取れないということは日本人なら誰しも経験があることですが、この同化によって音声が変化することがありますので、ぜひ注意してみてください。

脱落・省略

発話中の音が消失する現象を「脱落・省略」といいます。

「Good morning.」では、母音の直後に音が消失して、「グッドモーニング」ではなく「グッモーニン」と聞こえます。

ここでは”o”のあとの”d”が脱落しています。

また、「put back」では「プット バック」ではなく「プッバック」と聞こえます。

どうかと違って「そもそも発音がされていない」という点に注目してください。

弱化

最後に弱形は、発話の中で母音が弱く発音される現象です。

名詞、動詞、形容詞、副詞、指示代名詞、疑問詞といった内容語(意味を表す言葉)は強くはっきりと発音され、冠詞、助動詞、代名詞、前置詞、接続詞といった機能語(意味を補足する言葉)は弱く読まれます。

例えば、「I can speak English.」では機能語の”can”は弱く発音されます。

音声変化を意識してリスニング力を高めよう

この記事では英語における4つの音声変化を紹介しました。

リスニングの際は英単語を聞き取るだけではなく、単語どうしの音のつながりを意識することで劇的に聞こえてくるようになります。

ぜひ音声変化を意識して日々の学習に取り組んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役の英語コーチ・講師が英語学習に関するお役立ち情報を発信中!
TOEIC985・英検1級保有

コメント

コメントする

目次
閉じる